星 の て が み

「教 員 冥 利 と 責 任 」

   井上 友子
 

今年9月までの1年間、わたくしはいわば雲隠れ状態にありました。
大学に戻り授業が始まるとその準備に追われ「忙殺」されていました。
仕事の波にのまれ、周囲の動きについて行くことに戸惑っていた
わたくしを見た仲間の教員は「浦島太郎だね」と言っていました。
その矢先、毎日のようにわたくしの研究室に学生がぽつぽつやってきます。
「先生が帰るのを待っていました」。
かれらはにこにこしてそのように言うのです。
その思いもかけない言葉に、わたくしは涙が出るほどうれしかったのです。
中には「作品を見て下さい」という学生もいて早速彼のアトリエに出向くと、
「これ、先生の授業で聴いた話がもとになっているんですよ」と
説明してくれました。
この言葉を聞いた時、わたくしたち教員の発する言葉に
どれほどの学生が喜び、感化され、刺激を受け、落ち込み、怒り、涙するのかを考えました。
  
 

プロフィール

九州産業大学 芸術学部 美術学科 准教授 

博士(芸術学) 
筑波大学卒業 専門領域:19世紀末のイギリス芸術