星 の て が み

『おばあちゃんがいた頃』

   吉田 はるみ[よしだ はるみ] 

 
おばあちゃんがいた頃の我家の一年。

春。
その年の初物がたくさん出回り始めます。
ツワブキ、フキノトウ、タケノコ。初物を食べる時には「七十五日長生きせーろ」と
唱えながら口に運びました。ヨモギがたつ頃には、お正月の残りの水餅が畦道でつんだ
ヨモギを使って自家製のおもちになりました。
針供養は、豆腐にさした針の姿がたのしかった。
短かった日も気がつく頃には夕方が明るい季節になります。
一日一日お米一粒づつ日が長くなっていくのだと教わりました。

夏。

梅雨が終わる頃には、襖を夏用の建具に衣替え、濡れ縁にはすだれがさがり
夏仕様のたたづまいになります。
七夕には太陽が昇る前に、芋の葉に降りた朝露を集めにいきました。

秋。

今度はお米一粒づつ日が短くなりはじめ、いつのまにか夕方が暗くなっています。
十五夜は、おだんごは飾りませんでしたが、月が高くなった時分に水をはった桶に
月を写して、家族順番に眼を清めました。

冬。

どんなに寒くても亥の日まで待ってコタツの火入れをしました。
師走は総出のおもちつき。
大晦日の夜は拝み鰯の上る食卓を家族で囲むけごぞろい。
お正月は欠席しても、大晦日の夜は全員でなければ許されませんでした。
ここで一年の無事に感謝。
年が明け、また一年がはじまります。

おばあちゃんがいた頃はこの一年を毎年繰り返していました。
続けている習慣もありますが、思い出せない事も沢山あって、
生きていた頃にもっと尋ねておけばよかったと思います。
今思えば、いろいろな習慣や風習が入り乱れていたのかもしれませんが、
季節に寄り添った生活がありました。

造園の仕事に係わりながら、冷房の効いた部屋でパソコンに向かって作業に追われ、
季節の移り変わりに気が付かない生活を送る自分を、子供時代の生活を思い出して戒めてもいます。

  
 

プロフィール

柳川市生まれ 

福岡県久留米市在住 
主に造園の設計に従事