星 の て が み

七転び八起きとつるつるの恩返し

柴田 史朗[しばた しろう]

 
 
昔、転んでは起き、転んでは起き、なんとか七転び八起きを成し遂げようと
必死に努力している若者がいた。けれども、何年経っても七転び七起きしかできない。
見かねて、ある頭の良い人が助言した。動物は赤ん坊の時は寝た状態である。
そこから起き上がり、倒れ、起き上がりをくりかえすので七転び八起きなのだよ。

・・・若者は答えた・・・

それは八起き七転びであるから私は認めない。それから数十年、懲りもせず、
転んでは起きを一日中続けていた元若者の心臓が突然停止した。
七転び六起きで亡くなり、さぞかし無念であったでしょう、
との弔辞が読まれた。けれども元若者は満足だった。
なぜなら。
5階のマンションからエレベーターで棺が運び出された時が、七起き目。
そして今、煙突の煙として立ち上がることで七転び八起きを完成させたのだ。
煙は嬉しそうにウニョウニョウニョと天国に昇っていった。

昔々、オスの鶴が貧しい一人暮らしの女に助けられた。

トントントン。

いと清げな若者が立っていた。子供が出来た。

トントントン、

決して僕が織ってるところを見てはいけませんよ。
夫の織物は都で高値で売れたので、妻は決して部屋を覗こうとはしなかった。
決して決して決して見てはいけませんよ、と、どんなに強調しても妻は覗かない。
夫はついに切れ、ガチャガチャガチャと乱暴に旗を織る。
思わず怒った妻は「あんたなんしよっとね!子供が目ば覚ますでねーか」と
障子をガラッと開け放つ。
見ましたね、と、解放の喜びに浸るオスの鶴の頭は
完全に禿げ上がっていた。
鶴はなんと自分の頭の毛を抜いて機を織っていたのだった。

これをつるつるの恩返しと呼ぶ。
  
 

プロフィール

1949年生まれ。 

真面目な精神科医  
柴田メンタルクリニック院長