星 の て が み

「人と自然 」

   村上 隆太[むらかみ  りゅうた]

 
 
昨年12月に役職を退いて、今年4月からの新年度の始まりまで幸いにも自由な時間が与えられた。
これまで出来なかった釣りだとか庭の手入れに精を出していると、自然に接する機会が増えた。
久し振りに波止にたって釣り糸を垂れるが、どうも以前のように魚が釣れない。
腕が鈍ったかと友人を見ると、 わたしと同様で不漁の様子。通りがかった漁師さんが、
「釣れないでしょう」とおっしゃる。

からかっているかと思いきや「今年はどうも魚が取れん」と嘆いておられる。
エルニーニョ現象の影響か、暖冬とその後の寒さで海藻が育っていない、
そのために魚が寄らないらしい。「生活ができん」と厳しい顔だった。

3月末になってようやく春らしくなってきて、冬の間に畑を耕し、肥料を入れ、種を撒いていた野菜類が
芽を出してきた。人間が起こしている環境悪化にも関わらず太陽の光だけは、
季節どおりに強さを増しているお陰だ。いつの間にか増えた水仙が庭中に広がっている。
チューリップもスノーポールも、あやめやすずらん、水仙も咲き始めた。
もちろんありとあらゆる雑草もぐんぐん伸びる。

野菜畑ではグリーン・アスパラやさやえんどうが取れ始めた。これからが楽しみだ。
暖気に誘われて散歩にでると、林の陰ではつわぶきが芽を出していて、
ついあちらこちらと手を伸ばしてしまう。散歩が山菜採取になってしまった。

そういえば、今年はつくしが駄目だった。出たと思ったら寒さで伸びず、
そのうちにすぎなになってしまった。やはりおかしい。自宅の近くの水路では
梅雨時にほたるの乱舞が見られるのだが、順調に育っているか 心配だ。

志摩町に住んで27年、福岡市の勤め先にはちょっと時間がかかるが、郊外の
自然の中で 住むことには代えられない。
大都会のビルの間で働き、駅から近い住宅街に住んでいる人たちには、この楽しみは
伝わらないだろうと思う。東京から越してきた友人の家族は、魚の名前も調理法も
ご存じない。スーパーのガラス・ケースに入っているマグロか鮭か鯛しか
ご存じないようだし、取れたてのごぼうの香りも賞味する機会がないだろうと推察する。

昔は、自宅で飼っていた鶏をつぶしてお客をもてなしたし、庭の枇杷の木に登って
甘い果実を頬張ったものだ。農家だったら自前のお米も新米のうちに食べられた。
そんな贅沢は不経済な世の中になった。大量に安い穀類を輸入し、国内では
ほとんど生産しなくなった日本の自然は、野も畑も、川も海も荒廃している。
いつまで私たちは日本の春を楽しめるのだろう。
いつまで取れたての魚や野菜を食べられるのだろう。
こどもたちに何とか豊かな日本の自然、豊かな世界の自然を残したいものだ。

  
 

プロフィール

1938年福岡県に生まれる。

西南学院大学卒業。
東京で宣教師の通訳・秘書を約2年勤める。
九州大学大学院文学研究科・英文学修士課程修了。
西南学院大学にて助教授、教授として勤務。
1998年より西南学院大学学長を経て、

現在、同大学文学部教授。      
専門分野:中世英語方言・社会言語学

※背景は、村上邸の庭(村上隆太氏撮影)